最新情報
  • 平成18年度赤い羽根共同募金運動が始まります
      共同募金運動は、皆様のたすけあいの心に支えられ、今年で60回目を迎えます。今年も10月1日から12月31日まで、「地域の福祉 みんなで参加」をスローガンに全国で運動が展開されます。
      昨年度お寄せいただいた1億9,410万9,352円の尊い募金は、小規模作業所など福祉施設の改修や、福祉的課題を抱えて活動している当事者組織、地域で草の根的な活動を行うボランティアグループ、新たな社会的課題の解決に向けて先駆的な活動を行うNPO、安心して暮らすことができる地域づくりをすすめる社会福祉協議会等が実施する様々な事業の推進に役立っております。
     今年はこれらの多様な民間福祉活動を支援するために、1億9千9百万円の目標額を掲げ、福祉のまちづくりへの参加を広く呼びかけながら運動を展開してまいりますので、皆様のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

  • 共同募金創設60年記念事業
     安心・安全なまちづくり活動支援のための特別配分を行います

      富山県共同募金会では、防災や減災、防犯、治安といったテーマに取り組む活動を支援し、住民の地域生活の質の向上や地域福祉への関心を高めるため、地域の自主防災組織や自治会・町内会等が行う安心・安全なまちづくりのための活動で、先駆的な取り組みや創意工夫を凝らしたものに対して、下記のとおり配分を行います。詳しくは本会が定める配分要領をお読みください。
     対象事業: 平成19年度に実施する事業
     配分額 : 30万円以内(かつ備品整備の場合は自己負担金の3/4以内)
     受付期間: へいせい18年12月1日〜平成18年12月28日
     応募先 : 県共同募金会の市町村支会または複数の市町村にまたがる事業や県広域の場合は本会へ
             ※応募の用紙はこちらから印刷できます

  • ボランティア・NPO活動支援資金配分の申請を受け付けます
     富山県共同募金会では、ボランティア活動を行う団体・グループ又は特定非営利活動法人の先駆的・開拓的な事業に対する配分を下記のとおり行います。詳しくは本会が定める配分要領をお読みください。  
     対象事業: 平成19年度に実施する事業
     配分額 : 30万円以内(かつ備品整備費については、自己負担金の3/4以内)
     受付期間: 平成18年12月1日〜平成18年12月28日
     応募先 : 県共同募金会の市町村支会または複数の市町村にまたがる事業や県広域の場合は本会へ
             ※応募の用紙はこちらから印刷できます

  • NHK歳末たすけあい義援金の申請を受け付けます
     富山県共同募金会では、歳末たすけあい運動の主旨を踏まえ、身体障害者や知的障害者、支援を必要とする高齢者等を対象として、社会福祉施設等が新たな年を迎えるにあたって利用者のために行う事業(ふれあいや交流などの歳末事業や備品整備費)への配分を行います。
  • 日本自動車振興会及び日本小型自動車振興会が行う平成19年度補助事業の公示について

      標記公示が8月1日に行われました。本会では、19年度の補助事業のうち、機器の整備事業、車両の整備事業について要望の受付を行います。概要は次のとおりですが、公示内容は、日本自転車振興会及び日本小型自動車振興会ホームページ(http://www.keirin.go.jp/flash/index.htmlhttp://www.autorace.or.jp/shinkoukai/sub_shinkoukai.html)で確認下さい。

    【補助要望の窓口】
         機器の整備、福祉車両の整備事業 → 県共募が要望を受付ける。
         上記以外の事業 → 両振興会が直接、要望の取り扱いを行う。

    【補助要望の受付】
         直接要望の受付けは、8月10日(木)〜9月29日(金)まで。
         県共募が受付ける機器の整備、福祉車両の整備事業は、8月21日(月)〜9月29日(金)まで。
          ※なお、受付は、関係書類が完備していることを条件とするので、不備の場合は、受付しない。

    【対象となる事業の概要】 ※詳細は、公示を確認のこと。
      1.  機器の整備事業
          ・対象となる事業費総額は、300万円以上とする。
          ・対象機器は、リハビリ機器、医療機器、授産機器とする。(施設の限定あり。)
      2.  福祉車両の整備事業
          ・両振興会が定める福祉車両(排気量等条件あり)とする。
          ・車両本体経費以外のオプション費用や自動車登録諸費用(自動車税、重量税、保険料等)は、補助の対象と       しない。
          ・新車及びオートマチック車のみ対象とする。

    【補助率】
       ・補助対象経費の3/4とする。

    【その他】
       ・所定の様式(公示参照)により所定の期日まで提出のこと。
       ・本会特別資金推薦委員会で審査を行い、その結果を要望者あて通知する。

  • 平成19年度共同募金配分申請の受付は終了しました
     
     富山県共同募金会では、県内の民間社会福祉施設・団体等が、地域福祉推進のために平成19年度中に実施する事業に対して共同募金の配分を行います。
      誰もが安心して暮らすことができる福祉のまちづくりのために活発に福祉活動を行う施設や団体からの申請をお待ち しております。
      なお、申請にあたっては、本会が定める配分基準や配分方針をよくお読みのうえ、対象事業を明確にして申請してく  ださい。
      
  • 中央競馬馬主社会福祉財団による助成事業の申請受付は終了しました
      このたび標記財団が助成を行うこととなり本会が推薦業務を行います。
      
     対象事業: 社会福祉施設の設備拡充、改築または補修、備品等の購入
             平成18年度中に完了するもの
     対象主体: 社会福祉法人及び民法第34条の規定に基づき設立された法人、ボランティア活動推進団体
     助成額 : 助成率は総事業費の3/4以内とし、助成額は100万円以上、700万円以内
     締め切り: 受付は終了しました
     提出書類: 当財団が定める書類及び関係書類(本会に様式を請求のこと) 
  • 財団法人車両競技公益記念財団によるボランティア活動推進事業の申請受付は終了しました
     このたび標記財団が助成を行うこととなり本会が推薦業務を行います。
      
     対象事業: ボランティア活動に必要な機材整備またはボランティア活動に関わる事業
             平成18年10月以降に実施するもの
     対象主体: 2か年に渡って活動が継続されているNPO法人、ボランティア団体・活動推進団体
              (※社会福祉法人、社団法人、財団法人は除く)
     助成額 : 助成率は総事業費の9/10を原則とし、90万円以内
     締め切り: 受付は終了しました
     提出書類: 当財団が定める書類及び関係書類(本会に様式を請求のこと) 
  • 車両競技公益資金記念財団による平成17年度ボランティア活動推進助成事業の決定について
      先般、標記の助成事業の希望をとり、同記念財団へ推薦していましたが、この度、下記のとおり決定されましたのでお知らせいたします。

    団 体 名    手話サークルめばえの会(滑川市)
    助 成 額     370,000円
    対象事業   ワンタッチイベントテント整備事業(ふれあい交流・野外活動用)
  • 日本自転車振興会・日本小型自動車振興会による補助事業の申請受付は終了しました
     去る8月19日に標記補助事業の公示がなされました。本会では同補助事業にかかる要望を受付けました。補助方針等の主な内容や詳細については、同振興会のホームページ等をご参照いただくか、又は本会へお問い合わせください。
  • 平成18年度共同募金配分事業の決定について
      3〜4月にかけて申請を受け付けておりました平成18年度共同募金配分事業について、5月25日に開催しました本会の理事会において配分が決定しましたのでお知らせします。
  • 平成17年度ボランティア・NPO活動支援資金配分の決定について
      住民参加による地域福祉推進に関する活動を支援するため、昨年12月に標記配分申請の受付を行ったところですが、3月23日に開催しました本会の理事会・評議員会において配分が決定しましたのでお知らせいたします。
      配分決定総額 2,160,000円 (10団体)
  • 財団法人車両競技公益記念財団による保育所の補修に対する助成について
     このたび標記助成事業の申請希望を下記のとおり本会で受け付けました。
      
     助成対象: 日本自転車振興会・日本小型自動車振興会の補助事業施設で、補助事業完了日から10年以上
             経過している保育所の平成17年度に行う現状回復のための改修事業
     助成額 : 総事業費の1/2以内で、250万円以内
     締め切り: 平成17年3月7日(月)必着
     提出書類: 当財団が定める書類及び関係書類(本会に様式を請求のこと)
     提出部数: 正本 1部 、 副本 1部
  • 平成17年度災害義援金取り扱い状況報告
     今年度、全国各地域において、死亡・行方不明・家屋の倒壊・床上浸水等の大規模な災害が発生し、災害救助法が適用された被災地県における共同募金会では、被害を受けられた方々を支援、援助することを目的として、義援金を募集しました。
     皆様から富山県共同募金会にお寄せいただいた義援金総額は、それぞれの被災地県の共同募金会へ送金し、被災地における県、県共同募金会、日本赤十字社支部、報道関係等で構成される配分委員会で公平に配分先を決定し、被災者へ見舞金として配分されました。
     被害を受けられた方々が少しでも早く、もとの生活を取り戻すことができるよう多くの方々から暖かい善意をお寄せいただきました。心よりお礼申し上げます。
     また、それぞれの義援金の配分実績や、皆様からお寄せいただいた暖かい励ましのお便りを中央共同募金会のホームページで見ることができますのでご利用ください。http://www.akaihane.or.jp 
  • 共同募金会による災害義援金の募集について
     富山県共同募金会では、災害発生時に被災者を支援するため、災害義援金を募集しています。
     お寄せいただいた義援金は、被災地の県・県共同募金会・日本赤十字社県支部・報道機関等で構成される義援金配分委員会で決定し、被災者へ見舞金として配分されます。皆様のご協力をお願いいたします。